短期売買の考え方

短期売買では基本的に企業の業績はほとんど関係ない取引になります。
相場の需給や思惑などを推測しあなた同士でお金を奪い合うゲームとも言えます。
一般的に短期売買の指標となるのはチャートという板だ。
チャートからは値動きの傾向を、板(いくらで何株貰う(並べる)かの一覧表示)からは需給動向などを読み取ります。
もちろんそうは言ってもそれは株価を見てる人が経験から「こうなるだろう」という予測しているだけなので、全くのハズレであることも少なくないです。
大切なのは日々の脳トレ

スイングトレードを行う上で、大切になることは、
日々のチャート分析を怠らない
直感で取引しない(チャートやテクニカル指標などを役立てる)
短期での相場観をやしなう
これにつきると思います。
例えば今後ウィークの日経平均株価、あるいはあなたが目を付けてある会社の株価の値動きを予想してみましょう。
日経平均が下がっていらっしゃるような時は、いくら可愛い株もなかなか株価も上がってくれません。
はずれてもいいので「予測をたて、なぜそう思ったのか?」を考えること自体が重要で、これが後々、自身の大きな糧になることでしょう。
とにかく経験を積み込むことが一番大切ですが、これは自然と身について出向くものだと思います。

キャッシングを手軽に考えると破産