Economic Moatがあり割安な銘柄を買う

Economic moatは、ウォーレン・バフェットが提唱したコンセプトで、経済的な堀、つまり、競合他社から事業を継続的に続ける優位性を意味します。以下の5つがEconomic Moatになり得る具体的な特徴です。

ネットワーク効果: 皆さんが増えるとそれが更に皆さんを呼ぶ特徴があるビジネス。皆さんが増えて払える店舗も増えてくると利便性が向上して更に皆さんが広がる効果があるクレジットカードが良い例。
無形資産:ブランドや特許。それがいらっしゃるだけで他社が生産できないものを生産できたり、おんなじ製品も他社よりも厳しく売ったりくださる。
コストの優位性:競合他社が真似できない特殊なコストの優位性。スケールや資源へのアクセスなど。
切り替えコスト:一旦用い始めると他に乗換えするのが一大タイプのサービスや商品を提供するビジネス。企業向けのITシステムとか、資産運用サービスなどが良い例。
便利規模:少数の企業が特定のニッチマーケットを既に支配していて、他社が参入しともコストが見合わない状態。
Economic moatがある企業は長期にわたって優位性を保つことができるため、継続的に良い利益を計上望める可能性が高くなります。
つまり長期投資に向いているということです。

バイナリーオプション