自分が期待する企業の銘柄を買う

今有する株が含み益であろうが含み損であろうが、実はそんなことはどうもいいのです。
株式投資で一番大事なことは、自分が今一番期待できる銘柄に投資をすることです。
既に有する銘柄が含み損だった場合、自分の見通しが外れたわけですから、それまでの期待を引っ張り積み重ねることに意味はありません。
もし、目の前に投資目指す銘柄が現れたら、期待の外れた銘柄から外して行くのが道理だ。含み益の銘柄は利益の大小はともかく期待はあたっているわけですからまだ昇るかもしれず、あえて外す必要はありません。
つまり上記の投資行動は真逆の行動を取ったほうが素晴らしいということですね。
少ない資金を効率的に動かしていくにはこういうやり方がいいと思います。
ロスカットは何度もやっていると、普通のこととなり、やがて苦痛を感じなくなっていきますので、そうなってくれば一つプロフェショナルに近づいたということになります。

カードローンは返済計画が大切