短期売買の種類

1. スキャルピング

スキャルピングは株を勝って1円も値上がりすれば売って利益を確定やる方法だ。
取引が完了するまでにかかる時間は一瞬から数分程度だ。もちろんそんな売買方法は一般の顧客にはほぼ不可能ですね。
これは主に証券ディーラーやデイトレーダーなど専用の取引ツールという複数の監視モニターを有する人たちが行なう方法だ。
いわば「薄利多売」的取引方法であり、細い利益も積み上げれば大きくなります。

2. デイトレード

その名のとおり一日の間に取引を完了させる方法で、取引期間は数分から長時間だ。
市場では、一日の中でも特に商いが多く値動きの凄いディーリング銘柄と呼ばれる銘柄がいくつかあったりします。
こうした銘柄には証券ディーラーやデイトレーダーといった人々も取引に参加するので、より取引が集中することになります。
そんな銘柄は値動きが強く売買も楽しいですが、予想外の値動きも多いので勝つのはとても難しいです。
3. スイングトレード

文頭で説明したとおり、通常数日から最大でも数ヶ月にわたり保有し続ける取引だ。
主に、相場のうねりを取りにいったり決算などの大きな材料を待つ方法だ。
一般の顧客はこういうスイングトレードが多いのではないでしょうか。
頻繁に株価をチェックする必要がなく、取引回数も多くないので売買手数料などのコストも少なくてすみます。
保有期間が長い分大きな利益を拾うことも見込める方法だ。

バイナリーオプションとFX