短期売買の考え方

短期売買では基本的に企業の業績はほとんど関係ない取引になります。
相場の需給や思惑などを推測しあなた同士でお金を奪い合うゲームとも言えます。
一般的に短期売買の指標となるのはチャートという板だ。
チャートからは値動きの傾向を、板(いくらで何株貰う(並べる)かの一覧表示)からは需給動向などを読み取ります。
もちろんそうは言ってもそれは株価を見てる人が経験から「こうなるだろう」という予測しているだけなので、全くのハズレであることも少なくないです。
大切なのは日々の脳トレ

スイングトレードを行う上で、大切になることは、
日々のチャート分析を怠らない
直感で取引しない(チャートやテクニカル指標などを役立てる)
短期での相場観をやしなう
これにつきると思います。
例えば今後ウィークの日経平均株価、あるいはあなたが目を付けてある会社の株価の値動きを予想してみましょう。
日経平均が下がっていらっしゃるような時は、いくら可愛い株もなかなか株価も上がってくれません。
はずれてもいいので「予測をたて、なぜそう思ったのか?」を考えること自体が重要で、これが後々、自身の大きな糧になることでしょう。
とにかく経験を積み込むことが一番大切ですが、これは自然と身について出向くものだと思います。

キャッシングを手軽に考えると破産

短期売買の種類

1. スキャルピング

スキャルピングは株を勝って1円も値上がりすれば売って利益を確定やる方法だ。
取引が完了するまでにかかる時間は一瞬から数分程度だ。もちろんそんな売買方法は一般の顧客にはほぼ不可能ですね。
これは主に証券ディーラーやデイトレーダーなど専用の取引ツールという複数の監視モニターを有する人たちが行なう方法だ。
いわば「薄利多売」的取引方法であり、細い利益も積み上げれば大きくなります。

2. デイトレード

その名のとおり一日の間に取引を完了させる方法で、取引期間は数分から長時間だ。
市場では、一日の中でも特に商いが多く値動きの凄いディーリング銘柄と呼ばれる銘柄がいくつかあったりします。
こうした銘柄には証券ディーラーやデイトレーダーといった人々も取引に参加するので、より取引が集中することになります。
そんな銘柄は値動きが強く売買も楽しいですが、予想外の値動きも多いので勝つのはとても難しいです。
3. スイングトレード

文頭で説明したとおり、通常数日から最大でも数ヶ月にわたり保有し続ける取引だ。
主に、相場のうねりを取りにいったり決算などの大きな材料を待つ方法だ。
一般の顧客はこういうスイングトレードが多いのではないでしょうか。
頻繁に株価をチェックする必要がなく、取引回数も多くないので売買手数料などのコストも少なくてすみます。
保有期間が長い分大きな利益を拾うことも見込める方法だ。

バイナリーオプションとFX

自分が期待する企業の銘柄を買う

今有する株が含み益であろうが含み損であろうが、実はそんなことはどうもいいのです。
株式投資で一番大事なことは、自分が今一番期待できる銘柄に投資をすることです。
既に有する銘柄が含み損だった場合、自分の見通しが外れたわけですから、それまでの期待を引っ張り積み重ねることに意味はありません。
もし、目の前に投資目指す銘柄が現れたら、期待の外れた銘柄から外して行くのが道理だ。含み益の銘柄は利益の大小はともかく期待はあたっているわけですからまだ昇るかもしれず、あえて外す必要はありません。
つまり上記の投資行動は真逆の行動を取ったほうが素晴らしいということですね。
少ない資金を効率的に動かしていくにはこういうやり方がいいと思います。
ロスカットは何度もやっていると、普通のこととなり、やがて苦痛を感じなくなっていきますので、そうなってくれば一つプロフェショナルに近づいたということになります。

カードローンは返済計画が大切

売るタイミング

買った株をいつ売るか、これは簡単には答えの出ない難しいテーマですね。
含み益になれば、その利益を確定しよという欲求といった、もっと高まるのではないかという欲望がせめぎ合い、含み損になれば、損失は確定したくない、でも放置すれば更に損をするかもという不安に苛まれます。
持ち株を並べるは、それ以上の利益を見込めない、ないしはそれ以上保ち続けると損をする、と考えたところで決断するのが普通ですが、もちろんそういう簡単に判断はできないのも普通です。
では、20%値上がりしたら譲る、10%値下がりしたら並べる、としておくのはどうでしょうか?
これも迷いをかなぐり捨てるための1つの方法だ。
ただし、相場はあなたの持ち株の状況により動いているわけではないので、あくまでも相場の状況を見て判断することも重要になる。

投資のメリットとデメリットを比較

Economic Moatがあり割安な銘柄を買う

Economic moatは、ウォーレン・バフェットが提唱したコンセプトで、経済的な堀、つまり、競合他社から事業を継続的に続ける優位性を意味します。以下の5つがEconomic Moatになり得る具体的な特徴です。

ネットワーク効果: 皆さんが増えるとそれが更に皆さんを呼ぶ特徴があるビジネス。皆さんが増えて払える店舗も増えてくると利便性が向上して更に皆さんが広がる効果があるクレジットカードが良い例。
無形資産:ブランドや特許。それがいらっしゃるだけで他社が生産できないものを生産できたり、おんなじ製品も他社よりも厳しく売ったりくださる。
コストの優位性:競合他社が真似できない特殊なコストの優位性。スケールや資源へのアクセスなど。
切り替えコスト:一旦用い始めると他に乗換えするのが一大タイプのサービスや商品を提供するビジネス。企業向けのITシステムとか、資産運用サービスなどが良い例。
便利規模:少数の企業が特定のニッチマーケットを既に支配していて、他社が参入しともコストが見合わない状態。
Economic moatがある企業は長期にわたって優位性を保つことができるため、継続的に良い利益を計上望める可能性が高くなります。
つまり長期投資に向いているということです。

バイナリーオプション

短期売買のタイミング

スイングトレードだけでなく、投資全般に当てはまることですが、「安値で買って、高値で譲る」は当たり前ですがとても肝ですよね。
安値で買うといっても、「高値憶えの高値掴み」という言葉があるように、急落したから貰うという売買方針では、実は大幅下落の序章だったということもありえます。
これは落とせるナイフを読む感じで、大やけどする事になりかねませんので注意が必要です。
買うタイミング、譲るタイミングともに重要ですが、並べるタイミングは自分のルールに従うとして、買うタイミングに対していくつかの基本的方法を紹介ください。
連動銘柄を生み出す

多くの銘柄は他の銘柄と同じような値動きをしているということが投資を続けていくうちに分かってくると思います。
例えば、おんなじ業種内の他銘柄といった連動していたり、仕手銘柄同士、直近IPO同士など、探せば結構あるものです。
連動銘柄を監視しておいて、その中で出遅れてある株を拾うという方法があります。

バイナリーオプション必勝法

株初心者がやってはいけないこと

信用取引(絶対にやってはいけない)

これは、証券会社はあなたを信用していますよ!ってことで

口座へ入金したお金や、所持している株を担保に入れて証券口座からお金を借りて所持金以上に株取引を行います

すなわち、

借金を通じて身の丈以上の取引をするため、

非常に大きなリスクを伴います

詳細を説明するって、所有しているお金や株の見積り合計の3倍まで取引を行うことが可能となります

例えば、

見積りが100万円なら300万円まで取引ができるってことですね

ただし、見積りが80%を下回ると強制決済されるため、有するお金を証券会社に徴収されたり、保有している株を自動で売られて証券会社への返金へって覚えられてしまいます

所持金や資産が自分の意志ではなく証券会社の判断でなく患うんですね 汗

ん?

それなら持っていたお金を無くなるだけで 大変なことにはならないんじゃないの?

と思いますが、いえいえ大変なことになります

へたしたら借金大魔王に変身してしまう

バイナリーオプション攻略法

テクニカル指標を見る

テクニカル分析といって、過去の値動きのパターンから、現在の株価が買われすぎなのか、売られすぎなのかなどを描き出す指標があります。
例えば、指標で代表的なRSI(売られすぎ、買われすぎを量る指標)があります。
書籍等では20%以上は売り、30%以下は買いなどとありますが、自分なりに精度を決めるため20%として貰うなどの基準を決めておくのもいいでしょう。
他にも、ボリンジャーバンドやRCI、ウィリアム%Rなど、様々な指標として「買い得」、「売り時」を取り調べましょう。
こういった指標もまた、買うタイミングの手助けを通してくれる。

値動きの波をよむ

銘柄には、その銘柄特有の一定の値動きをしていることがあると言われています。
おんなじ銘柄を長く取引していると勝率が多少なりとも昇るのは、知らずといったその銘柄の値動きの癖を把握していっているからかもしれません。
たくさんの銘柄を把握する必要はありません。乏しい銘柄も毎日の昼足チャートを頭に叩き込んで出向くため買うタイミングが掴めてくると思います。
場中に値動きを監視できない人も、これは実践する価値があるかと思います。

トレード逆張り順張り方法

効率を考える

タームを考慮する

スイングトレードにおいての投資家の売買行為には、
ロスカットラインへ下がるので、撤退した。
利益確定額へ到達したので利益確定した。
という、おおまかには2種類ですが、
一番肝心なのは、値動きが横ばいでどちらにも動かなかったときの行動だ。
短期投資の場合、「資金を寝かせるリスク」も考慮にいれなければなりません。
短期で値上り(値下がり)を期待して売買したのに、動かなかったは、思惑を外したについてになるのです。
タームはスイングトレードを行ううえで、どのくらいの時間のスパンなのか、つまり毎日とか2日なのか、それとも1週間なのか、あるいは一月以上のスパンなのかといったことを指します。
スイングトレードにおける投資思考は数日~数週間スパンがメインなので、そのスパンを経過しても値動きの無い銘柄は見限って、他へ置き換えることも大切です。

バイナリーオプションブログ